スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Seventeenが40歳に
数々の有名女優・モデルを輩出してきたSeventeenが、創刊40周年を迎えました。
前号の"表紙Playback祭"より。

1968年6月11号。
「週刊セブンティーン」として創刊。
st1.jpg


1970年1月。第1回ミス・セブンティーンの募集がスタート。
1970年3月。表紙がイラストから外国人モデルに。
1972年7月。日本芸能人の初表紙で、郷ひろみさん、森田健作さんが登場。
1972年10月。天地真理さんが女性芸能人として初登場。
st2.jpg


1974年5月。見出しが横書きに。
1974年8月。初のモデル2ショット表紙。
1977年1月。ロゴが大きくなる。この頃はモデルによる表紙が多かったようです。
st3.jpg


1982年8月。近藤真彦さんの映画キスシーン掲載で売上げ最高記録樹立。
1984年3月。この頃は芸能人+モデルの表紙が多かったようです。
1984年9月。ミスSTグランプリの松本典子さん、網浜直子さん。
1988年1月。ロゴが今仕様になり、週刊から月2回発行に。表紙は宮沢りえさん。
st4.jpg


1991年12月。石川亜沙美さんが初表紙。この頃は専属モデルによる表紙多し。
1994年4月。当時14歳の吉川ひなのさんが初表紙。
1999年5月。浜崎あゆみさんが表紙に。93~99年頃は芸能人の表紙が多かったようです。
1999年9月。田中美保さんの初表紙。この頃からまた専属モデルの表紙が増加。
st5.jpg


2000年代…左は、鈴木えみさん、田中美保さん、徳澤直子さん。
中央。榮倉奈々さんの初ソロ表紙。
右。北川景子さんの初ソロ表紙。
(ごめんなさい、2000年代は詳しい年月が分からず省略です)
st6.jpg


ニュース:
・ 『SEVENTEEN』創刊40周年で歴代モデルが豪華共演 (オリコン)

関連 :
・ 徳澤直子ちゃんが出てたSeventeen (2006/10/7記事)
・ Seventeen 12/15・1/1号 (2007/12/13記事)
・ 国民的美少女コンテスト出身のモデル (2007/12/14記事)
スポンサーサイト
【2008/05/28 23:50】 | ファッション誌/モデル | コメント(10) |
ファッション誌の表紙女王 ~2008年上半期
★ 女性ファッション・メイク誌 2008年1~6月号の間に表紙を飾った人の回数
(20代向け誌が中心)

12回
梨花 (Sweet×3、NON-NO×2、mina×2、ar×2、GLAMOROUS×2、ViVi)

9回
浜崎あゆみ (ViVi×2、S Cawaii!×2、bea's up×2、GLAMOROUS、Sweet、VOCE)
長澤まさみ (NON-NO×2、mina×2、REINA、With、anan、Steady.、SEDA)

8回
香里奈 (Ray×4、mina、Steady.、REINA、ar)

7回
宮崎あおい (Spring、MORE、With、mina、SEDA、PS、Zipper)
田中美保 (mina×4、NON-NO×2、Steady.)

6回
綾瀬はるか (Steady.×2、Spring、NON-NO、mini、ar)
安室奈美恵 (GISELe×3、ViVi、S Cawaii!、Sweet)
押切もえ (AneCan×6)
ブレンダ (BAILA×6)
SHIHO (BOAO×6)

5回
蛯原友里 (CanCam×5)
LIZA (JJ×5)
杏 (Oggi×4、Regina)
伊東美咲 (MISS、REINA、MORE、MAQUIA、anan)
蒼井優 (Spring、NON-NO、JILLE、FRaU、anan)

4回
田波涼子 (Style×4)
鈴木えみ (PINKY×4)
柴咲コウ (Spring、With、NON-NO、PS)
矢野未希子 (美的×2、ar、nadesico)
倖田來未 (ViVi、PINKY、anan、S Cawaii!)

* * * * * * *

2007年の表紙女王だった梨花さん、今年も好調のようです。
しかも9回だった2007年上半期よりハイペース。
梨花さんは系統が近い強力なライバルがいないので、下半期もこのまま独走しそう。

sweet200801.jpg


全体的に今年は若手女優が頑張っていますね。
特に、長澤さんと宮崎さん。
長澤さんは5回→9回、宮崎さんは圏外→7回と、去年より大幅に回数を増やしています。
逆に大幅に回数を減らしてしまったのが、去年上半期は10回でトップだった菅野美穂さん。
今年はまだ3回しか表紙を飾っていません。
最も需要があったMORE系のファッション誌にも若手女優が台頭してきた影響でしょうか。
長谷川京子さん(7回→3回)、篠原涼子さん(7回→2回)も回数を減らしています。
篠原さんは出産があったので仕方ありませんが、女優枠の中で世代交代が起きているようです。

with200806.jpg


モデルさんだと、香里奈さんが4回→8回と好調。
去年の下半期からRay以外の表紙にも出るようになりました。
田中美保さんは回数自体は変わりませんが、NON-NOが減ってminaが増えました。
歌手だと、浜崎さんと安室さんの人気は安定していますね。
浜崎さんはメイク誌の表紙が多いぶん安室さんよりリードしている感じ。
この2人は長いので急に人気が落ちることも考えにくいですし、当分2大女王として歌手枠を独占し続けそう。

up200805.jpg


関連 : ファッション誌の表紙女王 ~2007年上半期
【2008/05/24 14:01】 | ファッション誌/モデル | コメント(84) |
10代から活躍し続けるエリート花形モデル
20代向けファッション誌でブレイクするモデル、途中で低迷・引退するモデルが多い中、ティーン誌の頃から看板として活躍し続けるモデルさんはモデルの中でも貴重な存在。
特にエリートなモデルと言えると思います。
「たまたま10代でモデルになって人気が出てそれが持続してるだけ」と思うかもしれませんが、その「たまたま」が非常に難しく希少なんだと思います。考えられる理由は、

・ 10代向けファッション誌の数が少ない
プチセブンが休刊になった今、ティーンの人気はSeventeenにほぼ集中。
専属モデルになれる確立、更に表紙を飾る確立はどんどん厳しくなっています。
ローティーン向けとしてはニコラ、ハナチューなども人気ありますが、卒業後は女優転身するモデルさんが大半。

・ 10代のうちは身長の伸びが読めない
ティーン誌でデビューした頃は背が高い方だったのにその後ほとんど伸びず、結局モデル活動の継続は断念したモデルさんも多いんじゃないでしょうか。
逆に思春期辺りから身長が伸びて、20代向け誌でモデルデビューする人も。

・ 芸能活動に厳しい中学・高校に通っている
スカウトされても学校で禁止されていればモデルの仕事はできません。
厳しくない学校でも、撮影に通える範囲内に住んでいないとやはり厳しい。
中学・高校生のうちは様々な壁が存在します。

女性がファッション誌を読み始める時期は中学生頃。
その頃から活躍し続けているモデルさんは、同世代の読者にとって馴染みが深い。
看板モデルだったなら根強いファンも多く、20代向け誌に移っても殆ど扱いは良いまま。
人気、知名度、実績があり即戦力になる彼女達は、雑誌側にしたら貴重で美味しい存在です。
ここ数年NON-NOの売上げが復活しているのは、Seventeenで人気モデルだった田中美保さんが来てからと言われているように、20代向け誌にとって救世主になる場合もあるほど。

最後に、代表的なエリート花形モデルを挙げてみると、

reiko6.jpg

高垣麗子
プチセブン → JJ → LuCi、MORE、AneCan
(10代向け → 20代前半 → 25歳~)のファッション誌3世代で看板モデルを務めました。

落合砂央里
プチセブン → With → ?
プチセブンではダントツ人気でその後Withの表紙も飾りましたが、現在はやや低迷中?

竹下玲奈
プチセブン → CanCam → MORE、Style、Steady.など
CanCam中~後期ではやや低迷しましたが25歳~誌で盛り返しました。

押切もえ
Popteen (読者モデル) → CanCam → AneCan
CanCam初期は普通の新人モデル扱いでしたが、カリスマ度は持続している感じ。

25歳~向け誌でもカリスマモデルになりそうな次世代エリート候補は、
鈴木えみ セブンティーン → PINKY → (?)
田中美保 セブンティーン → NON-NO、minaほか → (?)
徳澤直子 セブンティーン → CanCam → (?)
森絵里香 プチセブン → With

miho2.jpg
【2008/05/21 20:51】 | ファッション誌/モデル | コメント(7) |
ホームページ更新のお知らせ
CanCamのミューズたち」にて、「歴代表紙 No.11 歴代表紙リスト」他を更新しました。

------------------------------------

エビちゃんの目力にドキッ! - 資生堂「マキアージュ」新CM (マイコミジャーナル)
マリエ、理想のメイクは"スッピン系" - 第1回ゴールド・メイクアップ賞 (マイコミジャーナル)
押切もえが交際認める (オリコン)
ミス・ユニバース森理世、アメリカン・イメージ・アワードに登場 (AFP BB News)
ハセキョー特訓中!劇中でピアノ生演奏 (スポニチ)
紀香エコ訴え「この国を沈めちゃいけない」 (デイリー)
佐々木希がユーロでイタリアをイチ押し (日刊スポーツ)
マリエ「ぜひ応募して」…事務所がオーディション (スポーツ報知)
【2008/05/20 23:34】 | CanCam | コメント(3) |
CanCam、Oggi 6月号
CanCam 6月号

cancam200806.jpg


表紙は久々の山田優ちゃん。
表情もポーズもキマっていてカッコいいですね。最近モデルとしては勢いが落ち着き気味だっただけに、久々の単独表紙がとても新鮮に感じられます。
今月で熊澤枝里子ちゃんが卒業。
彼女自身の大学卒業とほぼ同時ということで、今後の活躍に期待したいです。

今月も相変わらず西山茉希ちゃん多し。もはや茉希ちゃんがいなかったらCanCamじゃないと思えるほど、実質的な看板モデルになっているように感じます。
掲載数が特に多くなる=CanCamとの結びつきが特に強くなる
そうなると将来エビちゃんみたいにCanCamをなかなか卒業させてもらえなくなりそうな気も。
色々なファッション誌で見てみたい者からすると、ちょっと複雑な気持ちもしたり。
個人的には直子ちゃんくらいの掲載数&扱いが理想的に思えます。

安座間美優ちゃんと山田優ちゃんは沖縄アクターズスクールで一緒だったそうで。
確かに2人の健康的で爽やかな可愛さは共通していますね。
CanCamが甘くなりすぎないのは、彼女達みたいなモデルがいるおかげかも。
水着ページのモデル3人は素晴らしい。
同性から見ても羨ましいえりかちゃんの色白豊満ボディ、メアリーちゃんの色っぽい健康的ボディ、お人形さんのような美春ちゃんの清純ボディ、どれも魅力的でした。


Oggi 6月号

oggi200806.jpg

表紙はヨンアさん。彼女の魅力が100%は引き出されていなかった3月号と違い、彼女の可愛らしさや品の良さが伝わってくるステキな表紙ですね。
料理レシピのページではヨンアさんのお母さんが初登場。
屈託の無い笑顔がステキで、美味しそうな韓国料理を紹介しています。
杏さんは今月それほど多くありませんでしたが、若々しく躍動感のあるカットが多かったです。
特にバーバリー・ブルーレーベルは、そのままカタログにしても良さそうなくらいの出来でした。
最近レギュラー登場している平野由美さん、カッコいい系が多いOggiの中では貴重な可愛い系だと思うので、今後も出続けて欲しいです。

ケリーさんは小泉里子ちゃんの系統を一番濃く継いでいると思うので、安心感があります。
ファッション誌では唯一?竹下玲奈ちゃんの扱いが微妙なOggiですが、それでも玲奈ちゃんが出続けているのは小学館に対する義理(プチセブン、CanCam)なのかなと思ってみたり。

-------------------------

ここのところ更新が停滞気味で申し訳ありません。
また厄介な風邪を引いたり、結婚の準備などで色々と忙しくなったりして、なかなか手が回らず…。とりあえず近いうちに再び更新予定なので、気が向いたらまた見にいらして下さいませ。
【2008/05/07 21:45】 | ファッション誌/モデル | コメント(15) |
| ホーム |
M.D.F -Beauty Blog


カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

marine

Author:marine
モデル、化粧品イメガ、歌姫、フィギュアスケート選手、ゴルフ選手など美しい女性をウォッチ中。美容、健康、料理などについても。ご連絡やご意見はこちらのサイトのメールフォームへ。

カテゴリー

カウンター

月別アーカイブ

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。