スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ダメだしメイク
Gyaoで配信されている「ダメイク

この企画は一般女性が無人カメラの前でメイクをして、別室で構成作家のおちまさとさん、メイクアップ・アーティストの朝日光輝さんが駄目だし、その後朝日さんが半分だけメイクをして比較をするというもの。
朝日さんは、エビちゃんやもえちゃんらを担当するCanCamでも引っ張りだこの方。

現在は第1回から24回まで配信中。
一般女性は、CanCamで読者モデルとして活躍してる人も登場してます。
一つ一つの過程をプロがちゃんと指摘してて勉強になりますね。
おちさんは素人目線でかなり言いたい放題ですが、男性視点での率直な感想で面白いです。

---------------------------------------------------------------

● 今日は徳澤直子ちゃんのお誕生日です。おめでとうございます!
【2006/10/16 21:07】 | 美容/健康/食 | トラックバック(0) |
新ファッション誌
ゴルフ練習場でこんな雑誌の発売キャンペーンがやってました。

golf1.jpg


Regina」、ゴルフ専門のファッション誌。
ゴルフのファッションについては、今まではゴルフ雑誌やCLASSYなどのファッション誌の中でたまに特集・紹介がある位で、あとはテレビでプロが着てる服を参考にする位でした。
なのでこの雑誌の発刊は、かなり画期的だと思います。

今までのゴルフ雑誌とは全く違い、あくまでファッション誌扱いで、
「LOVEが生まれるGOLFデートスタイル」
「ラウンド美人は引き算メイク」
「おしゃれ小物を連れてグリーンへGO!」

などのファッション・メイクに重点を置いた特集ページが目に付きます。

golf2.jpg


雑誌の公式ページを見ると、かなり明細なコンセプトを打ち立ててる模様。
ターゲットがすごいです。

メインターゲットは、30歳前後の女性ゴルファー。未婚で仕事を持ち、情報感度が適度に高く、信頼度と多様なネットワークによる周りへの波及力もあり、新しいものには敏感で積極的に取り入れ、 (中略) 主なファッション誌には目を通し、通勤時には新聞の経済欄をチェックし、経済や金融関係の情報にも女性の割には精通している。そんな人に向けて発信します。


しかも

「フェアウエイが私のレッドカーペット!」をキャッチフレーズに、


これはちょっと…(笑)

以前はゴルフって女性にはとっつきにくいイメージがあったと思うんです。
でも最近は宮里藍やミッシェル・ウィーの影響か、空前の女子ゴルフ・ブーム。
彼女達のおかげで、身近&おしゃれも楽しめるスポーツと言うイメージに変わってきたと思います。超ミニ(中でちゃんと分かれてますが)の女性とか、後ろの男性が練習に集中できないんじゃないかってファッションの人も良く見かけるし、ゴルフを嗜むオシャレな若い女性は増えてますね。

モデルは田波涼子さん、RENAさん、理衣さん、橋本麗香さんなどが登場。
密かにこういう雑誌があればいいなと思ってたので、定期刊行になるとイイなぁ。。
【2006/10/15 21:50】 | ファッション誌/モデル | トラックバック(0) |
山田優 vs 蛯原友里
年間表紙回数
2002年・・・優ちゃん(6回)
2003年・・・優ちゃん(6回)、エビちゃん(1回)
2004年・・・優ちゃん(6回)、エビちゃん(5回)
2005年・・・優ちゃん(8回)、エビちゃん(7回)
2006年・・・優ちゃん(4回)、エビちゃん(10回)

予兆はあったものの、今年遂に年間最多表紙回数(複数での表紙含)が優ちゃんからエビちゃんへ代わりました。
(以下、Y・・・優ちゃん、E・・・エビちゃん)

CanCam初登場
Y・・・2000年12月号
E・・・2002年10月号

初の単独表紙
Y・・・2001年4月号。(初登場から5ヶ月)
E・・・2003年12月号。(初登場から1年2ヶ月)

CanCamデビューのきっかけ
Y・・・渋谷でスカウトされ最初は断ったものの、再度スカウトされる。
E・・・自分からCanCam編集部へ顔合わせに行って合格。

専属モデル・オーディションで準優勝した澤野ひとみちゃんが「新卒の就職試験を受け合格」したモデルなら、エビちゃんは「中途採用の特別試験を受け合格」、優ちゃんは「職種の違う他社より好待遇で引き抜き」ってとこでしょうか。
なら森泉ちゃんは「取引先の社長令嬢で丁重に迎えられた新入社員」かな。

このようにデビュー当時のCanCamでのプッシュ具合は、優ちゃん>エビちゃんでした。
優ちゃんは最初からかなり良い扱いで、1ヵ月後には特集ページの代表モデルとして扉を飾ったり、2ヵ月後には専属モデル募集ページでトップ2として大きく登場したり、基本的に誌上でのカットも大きめで目だってました。

yu17.jpg


最速タイの速さで初単独表紙を飾り、その後も短い間隔で表紙を飾るようになると自然に「CanCamの顔」的イメージが定着。後輩モデル達を引っ張るリーダー的な存在になっていきます。

エビちゃんも初登場から2ヵ月後には1ヶ月CDを担当するなど、優ちゃんほどではないものの他のモデルと比べるとかなり期待されていた印象。その後もかわいい系モデルの固定メンバーとして扉ページや1ヶ月CDに登場し続け、かわいい系の代表モデルになっていきます。

ebi19.jpg


エビちゃんOLが誕生し「かわいい」系のトップへ躍り出ると、2004年の「好きな女性ランキング」で一位を獲得。その後かわいい系の後輩モデルがポスト・エビちゃんとして台頭してくると、エビちゃんの地位は更に上へと押し上げられる形に。
そして去年マックのエビバーガーCMに出演し始めた辺りから読者以外にも注目されるようになり、あれよあれよという間にカリスマ的な存在へ。

一方で人気者コースの王道を歩んでいた優ちゃんは、ここのところは停滞気味。
人気面でエビちゃんに及ばなかったのは、新たな時代のニーズ「かわいい」の象徴であるエビちゃんと対極の位置(カッコいい)に置かれたのも大きかったような気がします。
彼女は早くから頂点を極めてた事もあり、これ以上CanCamでは大きな変化や成長をしようがないと個人的には思います。

2人ともそれぞれチャームポイントが違うし、CanCamの人気や価値を高めたのは間違いないので、今後の更なる飛躍を期待してます!

----------------------------------------------------------------

★ お願い ★
おそらく90年代に活躍してたモデルさんで、梅宮アンナさんや中林美和さんと仲が良かったもしれない、「ちえ」さん(名字は不明)と言うモデルさんについて知ってる方がいましたら、メール頂けると嬉しいです。

----------------------------------------------------------------

長谷川理恵 目指すは自己ベスト (デイリースポーツ)
紀香ドラマでウエディングドレス姿を披露 (日刊スポーツ)
【2006/10/14 23:39】 | CanCam | トラックバック(1) |
CanCam 11月号 高橋メアリージュン
今月号は、色々なページにアップから全身カットまでバランス良く出てた印象。
最近はすっかりレギュラーメンバーとして定着した感じです。
同じ新人組でも麗菜ちゃん・メアリーちゃんと、枝里子ちゃん・ひとみちゃんとの間には差が出てきましたね。
ひとみちゃん・枝里子ちゃんは今後どうなっていくんでしょうね。姉Canへ移るのかな。

mary7.jpg


今月号のコスメSCOOPみたいな超アップは、思わず見惚れてしまいます。
あひる口がかわいい。
優ちゃんは最初の頃カメラマンから「あひる口」を止めるように言われたらしいですが、優ちゃんもメアリーちゃんも「あひる口」は特徴だと思うしキュートだと思います。

メアリーちゃんはお姉さん系のファッションだとかなりゴージャス&迫力があり、年齢よりだいぶ大人っぽい印象を受けます。
一方で、カジュアル系では女性らしさと少女っぽさが同居してて、不思議な魅力を感じる。
個人的にはカジュアルな感じが好み。
全身カットは、彼女はさすがスタイルが抜群に良いので安心して見れますね。

mary8.jpg


ちなみに当ブログでは右下の方で人気投票をやってるんですが、メアリーちゃんがかなり健闘してます。CanCam読者全体の中でうちに来て下さる人はほんの一部だとは思いますが、人気が上がってるのをひしひしと感じます。
【2006/10/13 23:13】 | CanCam | トラックバック(0) |
CanCam 11月号 西山茉希
茉希ちゃんはそっくり同じ表情は無いんじゃないかってくらい表情豊かなモデルさんだと思いますが、最近は更にバリエーションが増えて、色っぽさやクールな表情も際立つようになってきたと思います。
ポージングも、以前はCanCamでの自分のキャラを意識したものが多かった印象でしたが、最近はカッコいい感じのも増えてきて。

maki18.jpg


ファッション・スタイルに合わせて印象をガラッと変える「枠」が広がってきましたよね。
でも誰かを模倣したりしてるんじゃなくて、あくまで彼女らしさを大事にしてる感じ。

早い段階から力を入れてもらい、順調にステップアップして、次に目指すは単独表紙や単独特集。と、ここまでは順風満帆だったものの直前で少し停滞気味だった茉希ちゃんですが、来月号の予告にはいよいよ「なれるものなら西山茉希」が。
初の単独特集が組まれるみたいです。

過去の例から最低でも6,7ページは割いてもらえるはず。
「なれるものなら押切もえ」みたいに連載になるかも?
誌面での単独特集は初表紙を飾る前後1年以内に組まれる事が多いので、近いうち単独表紙も有りえそう。

maki17.jpg


やっぱり笑顔が一番似合いますね。
彼女を見てると明るく元気になれる気がします。
【2006/10/12 21:40】 | CanCam | トラックバック(0) |
MEN'S NONNO時代の田辺誠一ほか
昨日の続きで、反町さんのモデル時代を探してみましたが見つからなかったので、代わりにMEN'S NONNO時代(1990年代前半)の田辺誠一さんを。

tanabe1.jpg


昔から整った顔立ち・体格をしてますね。
彼は俳優としてよりモデルとして見た方が、レベルが高い気がします。
紀香さん&優ちゃんが出演する明日スタートのドラマ「だめんず・うぉ~か~」にも出演するらしい。TV朝日はこのドラマに力を入れてるみたいで、JR電車内やホームなどで大々的な広告を出してました。

tanabe2.jpg


隣の女性はSeventeenの専属モデルだった加藤幸子さん。
1990年代前半、中村栄美子さんと共にSeventeenの顔でした。

seven1.jpg


左上は石川亜沙美さん、右上は後にパリコレで活動する田辺あゆみさん。(現在は1児の母)
真ん中は中村栄美子さん。菊池桃子さんが看護婦役のツムラのCM出てましたね。
同じくパリコレで活動し日本版VOGUE創刊号の表紙を務め、今はBAILAやNISSENに出てる(荒牧)未希さんのSeventeen在籍時もこのころ。

miki1.jpg


ちなみにSeventeenは「17」と言う意味ではなく、対象年齢の「13歳~19歳」の「7つのティーン」と言う意味だそうです。

MEN'S NONNOに戻って、田辺さんの少し後に活躍してたEWAN(ユアン)さん。

ewan1.jpg


モデルとして人気が出てCM等にも出てましたが、気がついたら見なくなりましたね。
と思ってネットで検索してみたら、今はデザイナーとして活動してるらしい。
去年セイコーから彼が監修した時計が発売されたそうですが、そのセイコーのサイトを見たらかなり変わってしまっててビックリ…。
ちなみに妹のアンジェラさんも当時売れっ子モデルでした。

ewan2.jpg


下は、左側がアンジェラさん、右側が石川亜沙美さん@Seventeen。
ユアンさんとアンジェラさん良く似てますよね。日英ハーフです。

angella1.jpg


同じくMEN'S NONNOで活躍してた櫻田宗久さんも、今は何してるんでしょう。

sakurai1.jpg


最後にNON-NO繋がりで、はなさんのNON-NOモデル時代。
長い間この髪型がトレードマークだった彼女。
今よりだいぶ華やかなイメージです。

hana1.jpg

【2006/10/11 22:32】 | ファッション誌/モデル | トラックバック(2) |
内田有紀も元CanCamモデル
1992年頃。
タレントとして有名になる前の内田有紀さんも、CanCamモデルとして活躍してたようです。
専属だったのかどうかは分かりませんが、ハッキリした目鼻立ち&ショートヘアでブレイク時の彼女と殆ど変わらない印象です。当時17歳。

yuki1.jpg


しかし内田有紀さんの公式サイトを見ると、「1993年度ユニチカ水着キャンペーンガールでデビュー」となっています。
雑誌モデル出身のタレントは、モデルだった事を公表してる人としてない人がいる模様。
後者の場合、モデル時代を有名になるまでの通過点・下積み時代と考えているのか、人によっては黒歴史にしてる人もいるみたいだし。
ビッグ?になればなるほど、そういう人は多い気がする。
最近は「モデル」自体の価値観が上がっているのか、公にしてる人の方が増えてきた気はしますが。

この年は、反町隆史さんもCanCamにモデルとして登場してたみたいです。
隣の女性は田原俊彦さんと結婚した元CCモデル向井田彩子さん。

sorimachi1.jpg


--------------------------------------------------------------

● 山田優ちゃんの弟さんが「第1回渋谷ガールズコレクション」に出演したニュース。
山田「優ちゃん」の弟「しんちゃん」ドキドキお披露目 (サンスポ)
山田優の弟、親太朗 目標はキムタク (スポーツ報知)
山田優の素顔 弟・親太朗が語る (スポニチ)
【2006/10/10 21:08】 | CanCam | トラックバック(1) |
徳澤直子ちゃんが出てたSeventeen
前から見てみたいと思ってた、直子ちゃんが載ってた頃のSeventeenを買ってきました。
直子ちゃん表紙のものは何冊かあって迷いましたが、別冊で「すっぴん直BOOK」が付いてた2004年No.2&3合併号を購入。ほぼ定価でした。
Seventeenデビューは2001年となっているので、この号は後期の方ですかね。

着ている服はさすがにカジュアルでポージングも今より元気な感じ。
顔や表情は余り変わってない印象でした。
直BOOKでは、ピアスは耳だけで10個は開けたとか、ボディピアスは眉や鼻も考えたとか(おへそで良かった…)、電話やメールは好きじゃないとか、直子ちゃんの意外な面も知れました。

鈴木えみさんや木村カエラさんや榮倉奈々さんも出てましたが、鈴木さんはアイメークが薄いせいか今とイメージが違いましたね。
彼女達の中でも、直子ちゃんは特に可愛い&スタイルがイイなと思いました。
CanCamで大型新人的に迎えられたのが少し分かったような気がしました。

naoko8.jpg


ちなみに買ったお店は神保町の「ブンケン・ロック・サイド」。
ファッション誌では、ここ数年のSeventeenやananが豊富です。
また、神保町には古き良き喫茶店が幾つかあるので、古書探索後に立ち寄るのが楽しみだったりします。レトロな喫茶店って大好きなんですよね。
【2006/10/07 23:01】 | ファッション誌/モデル | トラックバック(2) |
読者モデルのつづき
80年代の読者モデルは凄かったようです。

この年代に読者モデルとしてCanCamに登場していたのは、大学生時代の河野景子さん、有賀さつきさん、中井美穂さん、永井美奈子さんなど。その後、女子アナブームを作る事になる有名なアナウンサーばかり。
扱いもモデルやタレント並みだったらしく、河野景子さん、永井美奈子さんに至っては「読者モデル」として表紙にも登場。女子アナになった後かと思ってました。
読者モデルが強い時代だったんですね。

WikipediaのCanCamを見てたら、紀香さんより上の歴代モデルが殆ど分からず...。
でもCanCam15周年の時に紹介してた歴代モデルは1人も入ってない。
譚理沙さん、長谷川理恵さん、仁香さん、和香さんら主要モデルも入ってません。
それだけ人によってモデル知識がバラバラなのかも。
今では全歴代モデルを把握してるのは大西編集長くらいでしょうか?
創刊25周年記念に、「歴代CanCamモデル大百科」みたいなの出して欲しいなぁ。
【2006/10/05 22:26】 | CanCam | トラックバック(0) |
アンゴラのニット
先月号ではエビちゃんが、

ebi13.jpg

今月号では麗菜ちゃんが、

reina19.jpg


着ていたef-deの背中リボンニット。
先月も今月もついページをめくる手が止まってしまいました。
このリボンが可愛いのか、ニットの形が良いのか、二人の着こなしが良いのか、と言うか二人がイイのか…

特にこういう薄い色は上品なイメージで、暖かみも感じられて和みます。
アンゴラニットはピチピチ位の方が体のラインがキレイに見えますね。
着てるといずれ伸びてくるので、最初はきつめくらいの方が良いと思います。

でもアンゴラは毛があちこちに付きやすいので、行き先によっては人に迷惑がかかってしまうので気を使います。
大人数が集まって触れ合う場(ライブやクラブ)や、ソファや車のシートなど。
コートにもべっとり付いちゃうし、毛玉も出来やすいし、扱いが大変で寿命も短い。
だからこそ大事な時に着たい服だと思います。
【2006/10/04 21:21】 | おしゃれ | トラックバック(0) |
前のページ | ホーム | 次のページ
M.D.F -Beauty Blog


カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

valens

Author:valens
モデル、化粧品イメガ、歌姫、フィギュアスケート選手、ゴルフ選手など美しい女性をウォッチ中。美容、健康、料理などについても。ご連絡やご意見はこちらのサイトのメールフォームへ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。