スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
CanCam 歴代表紙 Part.6 ~外人は不人気
CanCamでは表紙に外人さんが登場するイメージは余りありませんが、過去に2人だけ外人名の女性が表紙を飾っています。

一人はレラーニさんと言う方で、1984年~1985年に10回ほど表紙に登場。
この2年にだけ集中しているので契約のカバーモデルか専属モデルだったのかも。

もう一人はシャネルの顔だったクラウディア・シファーで、1996年8月号に登場。
当時のスーパーモデルブームに乗じて来日時に表紙&特集を組んだようです。
彼女はナオミ・キャンベルやシンディ・クロフォードらと共にトップモデルの中でも頂点にいたモデルです。

cover37.jpg


JJでも同じ頃、スーパーモデルのトリッシュらが表紙を飾ってました。
伊勢丹の広告にも出てたキュートなモデルさん。
JJは梅宮アンナさん全盛期の少し後、ハワイの外人モデルを表紙や誌面に登場させていた時期もありました。
左が1996年12月号、右が1997年5月号。

jj10.jpg


このように外人さんの起用頻度が高かったJJやViViに比べ、CanCamは日本人ならではの美しさにこだわってきた印象。
だからかいつの時代もCanCamは読者とモデルの距離が近いイメージがあります。
スポンサーサイト
【2006/09/30 22:38】 | CanCam | トラックバック(0) |
映画の秋
今秋はCCモデルさんが立て続けに映画に出ますね。

9月
山田優・・・「アキハバラ@DEEP
10月
徳澤直子・・・「アザーライフ
11月
西山茉希・・・「7月24日通りのクリスマス
12月
西山茉希・・・「ハミングライフ

茉希ちゃん出演の映画は両作品とも東京国際映画祭に出るそうですが、「7月24日~」の方は公式HPに茉希ちゃんの名前が無いのが気になります。
直子ちゃんの「アザーライフ」は今夏公開予定だったのが少し延びたらしいです。(シビさん情報ありがとう)
優ちゃんと茉希ちゃんは来年も出演映画の公開を控えてるそう。

卒業モデルで女優に転身した人はたくさんいますが、中でも米倉涼子さんは個性的で良い女優さんになったみたいですね。
紀香さんと優ちゃんのドラマ「だめんず・うぉ~か~」ももうすぐだなぁ…と思ってたら↓

-------------------------------------------------------------

押切もえ 初ドラマで紀香と共演 (デイリー)
1シーンのみとのこと、CanCamの先輩と友達が出るので友情出演って感じでしょうか。

“ちょい和風”な白×黒、二色のエビちゃんの新CM (オリコン)
早速テレビで見ました。商品よりエビちゃんの印象しか残ってません。

山田優、“幸せ"ウエディング姿で「飛んでいきそう~!!」 (オリコン)
デザイナー桂由美さんのブランドモデルに起用されたそうです。
こういう優ちゃんが見たかった。またパリコレにも出そうですね。

-------------------------------------------------------------

申し訳ありませんが、どのような内容でも添付メールは受け付けておりません。
【2006/09/29 23:05】 | CanCam | トラックバック(1) |
モデル進化論
優ちゃんはCanCamにデビューした頃、「Y's Factoryの山田優」としてお菓子のCMに出てました。Y's Factoryは2002年に解散してしまいますが、その後も優ちゃんはTVなどで歌やダンスのお仕事を続行。

優ちゃんがCanCamに出始めた頃は、それまでの「専属モデル=モデル業中心」から「モデル業と並行して他のお仕事もする」な風潮に移行しつつあった時期。
(CanCam卒業後に本格的に女優業を始めた紀香さんや涼子さんと違い、伊藤美咲さんやハセキョーは最初CanCamモデルをしながら女優をしていた)
現在のように、CanCam以外のファッション撮影やCM出演も多くありませんでした。

卒業後にブレイクし「CanCamモデル」の将来性をアピールした、紀香さんや米倉涼子さん。
期待通りブレイクし「CanCamモデル」の価値を高めた、美咲さんやハセキョー。
現役中にブレイクし「現役CanCamモデル」の質の高さを伝えた、優ちゃん。
ブームになるほどの人気を博し「現役CanCamモデル」の影響力を知らしめた、エビちゃん。
もちろん、CanCamが軌道に乗るよう土台を固めてきた初期のモデルさんたちも。

常に進化し、次世代モデルが歩みやすい環境を作ってきた歴代モデルたち。
来年CanCamは創刊25周年。
様々なモデルが活躍・貢献して現在のCanCamがあるのだと思うと、感慨深いです。

yu16.jpg

【2006/09/26 21:27】 | ファッション誌/モデル | トラックバック(0) |
街を歩けばCanCamモデルと出会う♪
koukoku1.jpg

写りが悪いので分かりづらいですが、CanCamは6段、JJとViViは各2段、Rayは1段のみ。
1列全部がCanCamだったので、すごい威圧感でした@渋谷のコンビニ。
いつもCanCamはコンビニで買うことが多いのですが、姉Canはコンビニでも本屋でもすぐに売り切れてました。

koukoku2.jpg

左は最近エビちゃん出演のCMが良く流れている、資生堂マキアージュ@JR品川のecute前。
ここはいつもマキアージュの特大広告があります。
ラ・パルレのもえちゃんは、山手線へ降りる階段@品川駅。

koukoku4.jpg

マイミちゃんと葉子ちゃんがイメージキャラクターの「ドクターショール」@ドラッグストア。
上の茶色がマイミちゃんで、下のピンクが葉子ちゃん。
これはさすがに1人では撮ってません。

-------------------------------------------------------

● 優ちゃんデビューシングル推移
オリコンのデイリーランキングだと、10位→10位→9位→10位→10位→8位
今日のHEY HEY HEY SPECIALにも優ちゃん出てましたが、キレイですごく目立ってましたね。
ミリオンヒットランキングで他の曲が流れてる時もずっと口ずさんでて微笑ましかったです。
Gacktのお母さんと優ちゃんのお祖母さんがお友達だそうです。

押切もえ、ドキドキ“セレブ”の仲間入り!? (オリコン)
もえちゃんは前に、女優や歌手はやらずモデル一筋でいきたいと言ってましたよね。芯が通っててカッコいい生き方をしてるなぁと思います。
【2006/09/25 22:18】 | CanCam | トラックバック(0) |
CanCam 11月号
cover36.jpg


今月も、表紙だけでなく誌面でもエビちゃんがCanCamの顔として大活躍。
2ヶ月CDは圧巻でした。
優ちゃん、もえちゃんは少な目でしたが、やっぱり貫禄と言うか存在感がすごい。
この三人と他のモデルさん達の間にはまだ大きな壁があるように感じます。

他の専属モデルは、
直子ちゃん・茉希ちゃんは平行線。
マイミちゃん・葉子ちゃんは少なめ。
麗菜ちゃん・メアリージュンちゃんは増加中。
枝里子ちゃん・ひとみちゃんは不安定。

ここ数ヶ月は現在の看板モデル3人(エビ・優・もえ)や次の看板候補2人(直子・茉希)はそのままで、更に次の世代(麗菜・メアリージュン)の育成にも力が入り始めた印象です。特に麗菜ちゃんの勢いはすごい。
この2人のデビューは直子ちゃんより少し遅く、茉希ちゃんよりは先だったので、「ようやくたくさん出るようになってきた」と言う感じが強いかも。
ひとみちゃんは企画でダイエットしてたらしく見事復帰。
最後の方の「CanCamモデルズ24」でも、髪型もイイ感じで女性らしさが増したように感じました。
枝里子ちゃんはだいぶ勢いが落ちてしまってる印象。

mary6.jpg


今月もブランド毎の宣伝ページが多いですね。
ここでは、エビちゃんと茉希ちゃんがすごく多いです。特に最近は茉希ちゃんがすごい。
麗菜ちゃんやメアリーちゃんも増えてますが、彼女達にはまだ及びません。
エビちゃんが多いのは、店頭にて「CanCamで掲載されてます」と紹介する際に「エビちゃん着用」と言う売り文句を出せるからですかね。
さっきNHKで放映してた「東京カワイイ★ウォーズ」でもありましたが、最近は「エビちゃんに似合うような」服を作るブランドもあるくらいだし、一種のステイタスになってますよね。
先週行ったプランタン2階でも、アプワイザー・リッシェなど譜面台?みたいな所にCanCamを開いてるお店が多かったです。(昔はJJの方が多かったのに。)
そして茉希ちゃんはやはり、そのエビちゃんの後継者として非常に注目されてるんでしょうね。

ebi18.jpg


バルーンスカートは似合う人と似合わない人の差がありそうだと思いました。
20代前後の若い女の子が穿くから許されるようなスカートだなぁと。
ロングカーディは、何だか一昔前のアムラーやマンガのGALS!を思い出します。

頂いたメールで知ったのですが、直子ちゃんは「アザーライフ」という来月公開の映画に出るそうで、だから今月号とか余り多くなかったんでしょうか。来月は多いことを期待。
メールと言えば、なんと1990年頃からCanCamを購読してると言う方がいました。
さすが有名人をたくさん輩出してるCanCam、モデルチェックでなかなか読者を卒業できない人は多いのかも。

好みのモデルさんについては、また別途感想を書けたらと思います。
【2006/09/24 22:11】 | CanCam | トラックバック(0) |
CanCam11月号の表紙もエビちゃん
今年エビちゃんが表紙に登場した号は、1,2,3,5,6,7,8,9,10,11月号。
優ちゃんが表紙だった4月号以外全部。
今年は10/11の確立で表紙へ登場してることになり、登場率は91%

今のところ過去の記録、
2005年の優ちゃん 67%
1984年のレラーニさん 58%

らを大きく上回っています。

複数での表紙も多いので純粋に歴代トップとは言えないけれど、
今のCanCamにはエビちゃんが無くてはならない存在である事は良く分かります。
ただ最近は、表紙だけ見てると彼女の人気に頼りすぎてるような気がします。
今後のためにも、表紙でも次世代モデルに力を入れて欲しいなぁと思ったり。

しかし現在CCモデルの初単独表紙への道は今までになく険しい状況です。
今まで看板モデルの大半は初登場から1~2年半の間に単独表紙を飾ってました。
2年8ヶ月の直子ちゃん、2年1ヶ月のマキちゃんはそろそろ「遅咲き」の部類に入ります。
彼女達は誌面での扱いや他メディアでの活躍振りを見ても、もうとっくに単独表紙を飾ってても良かったはず。

cover30.jpg


幾ら本誌でプッシュし続けても否読者には伝わりにくいけれど、
表紙は印象に残りやすいので知名度アップの良い後押しになるはず。
マイミちゃんや葉子ちゃんも、最低でも2ショット表紙があっても良かった。
上が詰まると更に下の世代にも影響が出てきます
麗菜ちゃん・メアリーちゃんは、いつごろ単独表紙を飾れるのか想像つきません。

他のファッション誌は1トップや2トップのところが多いけれど、CanCamはトップが何人もいるのが特色でした。初登場から1年以内に単独表紙を飾った、森泉ちゃん、優ちゃん、伊東美咲さん、梨花さん、長谷川理恵さんらのようなCC的「大型新人」は当分現れないかも。
たとえ現れても、今のCanCamでハイ・スピードな単独表紙は難しいと思います。

cover2.jpg


「ん?」と思っているのは、エビちゃんではなく今の保守的イメージのCanCamに対してなので誤解されないでくださいね。
自分は個々のモデルさんファンである前にCanCamファンなので、例えば納得できる有望な大型新人が現れ先輩達を差し置いて半年位で単独表紙を飾っても、今のマンネリな状況よりワクワクするし逆にCanCamをもっと好きになると思います。
価値が認められれば年齢・キャリア・上下関係等に関係なく表紙を飾れた頃が懐かしい。
今後のCanCamに期待できることを期待したいところです。
【2006/09/22 23:59】 | CanCam | トラックバック(0) |
雑誌いろいろ
GLAMOROUS
山田優ちゃんが6ページ。60年代のロンドン・ガールをイメージしたファッションで、アーティスティックな写真がカッコいい。CanCam以外でこういう写真が見れるのは嬉しいです。

NON-NO
前号少なめだった竹下玲奈ちゃん、今号は多め。表情も心なしか秋っぽくてイイ感じ。
歌手デビューのインタビューで優ちゃんが1ページ。かなりカジュアルな格好です。
他にも目次の隣が徳澤直子ちゃんのエイトフォー広告だったり、中央にエビちゃんマキアージュの広告が2ページあったり。

KING
創刊号と言う事で、日本男子に向けて徳澤直子ちゃんからのメッセージ?が1ページ。蒼井優ちゃんや長谷川潤ちゃんなど強力な女性陣の中で直子ちゃんが一番最初です。やっぱり人気あるんだなぁ。

SAKURA
「おしゃれなママとキッズの次世代マガジン」として小学館より発刊。その創刊号の表紙にCanCam OGの中林美和さん。一緒に写ってるのはお子さんじゃなくてキッズモデルさんだそうです。美和さんのセレブなママっぷりが堪能できます。

ar
OGの藤井悠さんによる連載「藤井悠のHappy Days」が最終回。熊澤枝里子ちゃんがイメージキャラクターの「リーゼ ヨーグルトワックス」をお勧めとして紹介してます。

CanCam
11月号買ってきました。これからじっくり読みたいと思います。
麗菜ちゃんがイメージキャラクターの携帯電話、「FOMA F702iS」が思った以上に大々的に載ってましたね。CanCam TVでもスペシャルページが開設され、専用サイトにて麗菜ちゃんのインタビュー配信がスタート。局アナの2人も可愛いです。終始緊張した空気を感じましたが、最後「はい、カット」と言った途端に崩れる麗菜ちゃんに「素」を感じました。

---------------------------------------------------------------

山田優SPECIAL ISSUE (オリコン)
レビューの他に、優ちゃんのコメントとPVが見れます。
山田優、デビューシングル好調スタート! (オリコン)
デイリー初登場10位だそうです。今日も10位。好調なスタートですね!
【2006/09/21 21:46】 | ファッション誌/モデル | トラックバック(0) |
CanCamヒストリー 1982年
CanCamの創刊は、1982年1月号。(発売日は1981年11月26日)

cover35.jpg

表紙を飾ったのは松崎悦子さんで、当時20歳。1997年1月号の時点で、編集部でも彼女のその後は不明のよう。「てんとう虫のサンバ」で有名なチェリッシュの女性Vo.が松崎さんと同姓同名ですが、生年月日が違うので別人。

創刊時の様子
「CanCam」の由来は「I Can Campus」。当時は女子大生をターゲットにしていたので、「キャンパスリーダーになれるように」との意図があったそうです。創刊号の売れ行きは約20万部。TVCMでの宣伝も。

file1.jpg


その他ファッション誌
当時はいわゆる赤文字系の先駆けとして「JJ」が女子大生から支持を得ていました。「JJ」は1975年に別冊「女性自身」として隔月刊行し、1978年に月刊化。「ViVi」は1983年、「Ray」は1988年に創刊。

ファッション
エレガンスである事が最先端で、シャツやニットを単品で揃えるのではなく上下セットで揃えるのが特徴だったそうです。(その割にカジュアルな服装も多く写っていますが…)。ブランドで最も人気があったのはシャネル。他には、グッチ、フェンディ、フェラガモなど。

file2.jpg


専属モデル
創刊当時はまだ専属モデルがおらず、読者モデルがファッションの主役だったそうです。初の専属モデル募集を行ったのは4月号。

タレント
初のタレントインタビューは、鹿賀丈史さん。沢田研二さんと郷ひろみさんの連載があり。

表紙
1月号…松崎悦子、2月号…松崎悦子、3月号…松崎悦子、4月号…松崎悦子、5月号…松崎悦子、6月号…松崎悦子、7月号…藤田佳の実、8月号…とみおか亜也、9月号…桜川ひとみ、10月号…原みゆき、11月号…狢沢江久子、12月号…後藤はるみ

1982年の出来事
500円硬貨発行。映画「E.T.」が大ヒット。フジテレビ「笑っていいとも」スタート。ダイアナ妃来日。ホテル「ニュージャパン」火災。浅間山9年振り火災。
ヒット曲トップ3は、「待つわ」あみん、「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子、「聖母たちのララバイ」岩崎宏美。
1982年生まれのモデルは、堀内葉子、鮎川なおみ、えれな、木下ココ、デヴォン青木など。

参照: CanCam 1997年1月号
【2006/09/19 21:37】 | CanCam | トラックバック(0) |
CCモデルズの音楽嗜好
ビヨンセってホント人気ありますね。
日本で最も影響力があると思われるモデル、CanCamのトップ3人(エビ・優・もえ)もビヨンセのファン。と言う事は、ビヨンセは日本の若い女の子に最も影響力がある女性とも言えそう。

ビヨンセに限らず、CanCamのモデルさんはR&BやHip Hopなどのダンス系を好きな人が多い気がします。特に海外の歌姫。
美の象徴として憧れの対象である彼女達は、色々イメージが大事なんでしょうけども。
「ジャニーズが好きでコンサートでは名前入りウチワ振ってます」とか、「アニメソングが好きでカラオケの18番はムーンライト伝説です」とか、「ヘビメタが好きでライブではヘドバン・モッシュ当り前です」とかでも、自分は逆に普通の人っぽくて可愛いなって親近感を持つと思います。

---------------------------------------------------------------

やせ過ぎモデル5人を締め出し=スペインのファッションショー (時事通信)
やせ過ぎモデル規制の動き、英、伊にも広がる=著名スーパーモデル締め出しも(時事通信)

「締め出し」って表現は、少し一方的で無理矢理な感じがします。
海外のトップモデルがふっくら傾向になる→海外モデルに憧れる日本のモデルがふっくら傾向になる→日本の若い女性が(以下略)な流れになったりして。
好みのファッション傾向などにもよると思いますが、個人的には多少グラマラスな着こなしが好きなので、細すぎず太すぎずのメリハリある体型が好きかも。でもふわふわしたワンピを細身の人が着てるのも可愛いと思うし…何でも度を過ぎなければイイような気がします。
【2006/09/18 21:31】 | CanCam | トラックバック(0) |
茉希ちゃん初主演映画「ハミングライフ」
人気モデル西山茉希が映画初出演&初主演 (スポーツ報知)

ようやく情報解禁になったようです。公式サイトもオープン。

・ 5人組バンド「GOING UNDER GROUND」のヒット曲をイメージした小説の映画化
・ ミュージカル界トップの若手スター井上芳雄さん主演


と言う事以上に、「人気モデル西山茉希が映画初出演&初主演」と言う事が注目されてるんですね。すごい大物新人のような扱い。
東京国際映画祭でもプレミア上映されるそうで、期待が高まります。
演技を見てみないとわからないけど、個人的にはかなり期待できるような気がします。
この映画の監督・脚本をされてる窪田さんのブログにも可愛い茉希ちゃんの写真が。
そのうちTVの芸能ニュースとかでも、茉希ちゃん単体のニュースが扱われるようになるのかな。

maki11.jpg


エビちゃん&もえちゃんコラボラインの新ストッキング「モテスト」が来年1月に発売決定!
9月24日放映のNHKスペシャルで、このモテスト制作現場が紹介されるそうです。(福助
モテ★ストッキングの略?
【2006/09/18 10:02】 | CanCam | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ
M.D.F -Beauty Blog


カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

valens

Author:valens
モデル、化粧品イメガ、歌姫、フィギュアスケート選手、ゴルフ選手など美しい女性をウォッチ中。美容、健康、料理などについても。ご連絡やご意見はこちらのサイトのメールフォームへ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。